モルがボミと再会したことを知ったボッキは、2人が関わることを断固として反対する。ある日、ダルレに、ユン・ミンジュの息子ヨヌの紹介で自主映画の話が舞い込む。ひそかにヨヌに思いを寄せるダルレは映画を撮りたいとボッキに話すが、猛反対にあう。映画撮影を阻止しようとするボッキに怒り、 TV局を抜け出して撮影に行ったダルレは、父親が留置場にいるというボッキの言葉が嘘だったことを知り、ボッキを責める。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001