ユラが事故の記憶を取り戻すが、ボミはシニョンが植えつけた作り話だと言い逃れる。一方、社長になったク・ヒョンセは ダルレにプロポーズをするが見事に断られ、ボッキを脅迫してダルレとの婚約を取りつける。そんな折、母ミンジュが突然アルツハイマーに犯され、落ち込んだヨヌはシニョンに慰められるうち、自分のシニョンへの気持ちが愛だと気づく。そしてヨヌはダルレに別れを告げ、傷ついたダルレはク社長との婚約を承諾してしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001