ボミの陰謀で新聞社を追われたシニョンは、モルとボミの前で同じ地区から無所属候補として出馬することを宣言する。一方、ダルレはカンヌ映画祭で主演女優賞を取り、ク社長から近々結婚発表をすると言われる。ク社長との結婚を何とか避けたいダルレは、ヨヌにすがるが無残にはねのけられたうえ、チャンミの事故がボッキの仕業であることを知ってがく然とする。そしてついに、カンヌ映画祭の受賞 パーティーの席で自殺を図る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001