ボッキはついに映画の最終シーンを撮り終える。試写会当日、ボッキはモルからの花輪を見つけ、安堵の胸をなでおろす。そして数々の思い出に浸りながら、幸せの絶頂の中、息を引き取る。ひと足遅れで会場に現れ言葉を失うモル…。一方、シニョン一家には一気に幸せが訪れる。兄ドヨンは、のり巻き屋の2号店を出し、母は人気ブロガーになり、そしてベストセラー作家になったシニョンは次の作品を発表する。その題名は「笑ってお母さん」であった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001