自分に銃口を向けるシギョンを黙ってボングは要求事項をジェハに伝え、賢明な選択をするようにと迫る。ナムイルと別行動だったハンアは、一転ジェハ・シギョン・ボングがいる現場へと向かう。絶体絶命だと思われた中、状況は急展開を迎える。ボングはICCによって逮捕されるが、クラブM側は様々な圧力をかけて保釈を要求し…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001