俺の愛する女として生きるのは嫌か?

夜遅くにユンジュから連絡を受けたヘヨンが現れると、イ・ソルはすっかり失望し、へヨンもまた重い気持ちでその場を去る。皇女に対する国民の関心は、日を追うごとに高まり、皇室に全国からファンレターが殺到するようになる。ヘヨンはイ・ソルにくれぐれも用心をと、インターネット禁止令を出す。
一方、ユンジュはヘヨンの父親が皇帝孫の死に関わっていたことを知り、顔面蒼白となるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001