クム・オサンの妻であるチャン・ジュヒは、芙蓉閣を訪れオ・ファランに対して3年以内に廃業するよう求める。そこで先代からのしがらみや店の秘密が明らかになる。一方、以前の踊りの続きを披露しにダモの家を訪れたサランは、その帰りにダモから食事に誘われる。いろいろな話をして帰る途中、ホテルに連れ込まれそうになったサランは車を降りるのだが、いつまでも引き止めるダモに対して土下座をして謝るように求めるのであった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001