スンドクを呼び出したオサンは衝撃の事実を聞かされる。かつて家の門の前に置き去りにされていた赤ん坊が、オサンの実子だということだった。そうとも知らず、昔の家政婦に渡してしまったことに2人とも、がく然とするのだった。一方、祖母を失ったショックで落ち込んでいるソンジャの様子を見て、サランの家族は心を痛める。そして生活に不便な点はあるものの、ソンジャが気を取り直すまで家に呼び寄せて同居することに決める。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001