サランを連れ戻すため、ダモはファランに頼み込んで芙蓉閣で働くことになる。妓生よりも普通の結婚生活が幸せだと分かっているファランは承諾し、ダモは周りを味方につけながらサランを連れ出す努力をするのだった。一方、ソン・ジャが自分の息子だと信じて疑わないガンサンが、何度も家の近くまで訪ねてきて説得するため、ソン・ジャ自身も心を許し始め、最終的にはコンジュと相談したあげくにDNA検査を提案することとなる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001