1人で芙蓉閣を訪れたマ代表はサランを指名する。そこで前回のことを謝罪しつつ交際を提案するのだった。サランは妓生の規則を理由に断るのだが、代わりに"髪上げ"という妓生との事実婚を逆に提案する。一方、ホンアもソン・ジャと会い、ガンサンの実子であると確信していたのだが、ようやくDNA検査の結果が出て、2人が99.9パーセントの割合で父子だということが証明されたため、ララとも姉弟ということになるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001