サランは、マ代表との"髪上げ"について友達のララに話す。また芙蓉閣の代表であるファランを通じてダモにも伝わるのだが、またしてもダモは逆上し暴れてしまう。しかし自分が身を引くことだけが唯一の解決法だと言われたため、ついに芙蓉閣を去り外国旅行に出る決意をするのだった。"髪上げ"を控えたサランは、実家に戻って報告をするのだが、継母は喜ぶものの父親のチョルスはショックを受け、妹のコンジュは強く反対する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001