久しぶりにオサンの家を訪れたジュヒは、スンドクの存在を知ってしまう。復縁を頼みに行ったものの、かつての姑であるホンアからオサンが再婚するつもりであることを聞かされるのだった。またサランとダモは芙蓉閣を辞めることになるのだが、マ代表との話し合いが残っていた。暴力を振るわれる恐れがあると思ったダモは一緒に行くことを提案するが、責任を痛感していたサランは、果敢にも1人で待ち合わせ場所に向かうのであった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001