サランが赤ん坊のころ捨てられていた家がララの家だと知ったダモは、詳しい話を探るために無名の女優を送り込みサランの母親役を演じさせる。しかしヨンアとスンドクが留守だったため秘密を知らないヒョリが応対し、何の収穫もなく終わってしまう。また結婚を反対されたコンジュたちは書き置きをして家を出ていく。そのうえでサランやダモが説得を重ねることで、ついにコンジュの母ファジャも仕方なく応じることになるのであった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001