サランが妓生であった過去を再び持ち出して責めてくる舅のスラに対し、サランは再び別居してマンションに移ることを決意する。しかしそれはサランの作戦であり、その狙いどおりスラは何から何までサランに頼っていた生活に慣れていたため、生活自体が成り立たなくなってしまう。一方、芙蓉閣にいたころから親しくなっていたララとカイルは自然と関係が近づき、ついにカイルのほうから求婚し、ララも国際結婚を決断するのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001