ジュヒは芙蓉閣の経営に口を出すだけでなく、伝統服を着て座敷にも上がるため妓生だけでなくファランも徐々に不満がたまってきたある日、特定の部屋について自らが予約を取ると言い出し関与を拒むようになる。そこでファランは、ある決意をするのだった。ラリは、スラのアンドレだけを気遣う態度に我慢できず、ついに爆発してダモたちが住んでいたマンションに家出することを決意する。そしてスラの説得にも応じず居座りを続ける。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001