身寄りの無いウンビ。どこか亡き父を思わせる雰囲気のガンヒョクがウンビをそっと見守る。二人の関係がやたらと気になるチス。ウンビは教師への道を閉ざしてはならないとプライドを捨ててチスへの謝罪を試みる。一方でチスはウンビを慰めようとお金を差し出すがウンビが見せたのは喜びではなく怒りだった。ウンビの反応が理解できないチスは…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001