目の前でビョンヒを失ったショックと悲しみにくれる「眼球浄化」は、その悲しみを拭うことができずにいた。ジヒョクは、最後の瞬間にビョンヒからかかってきた電話に出れなかった罪悪感に苛まれる。一方、スアはビョンヒの死を気にも留めず、学校生活を送るチョンサン高校の生徒たちに不信感を抱くようになる。誰よりも大きなショックを受けているジヒョクを慰めようとするが、彼の冷たい態度になかなか近寄ることができず…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001