ジュンソンのこれまでの働きに感謝しつつも、母を裏切ることはできないというジェファンの言葉に、ジュンソンは動揺する。日が暮れ、ファン女史がミンスに株を譲ったことを知り気落ちするジェファンをジュンソンは慰める。一方、スンジョンはピルスンにキムチの漬け方を教わっている。姑と嫁のようだと冗談を飛ばすスンジョンだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001