ヒョジュンはケジャンを残してスンジョンの店を後にするが、ミンスはケジャンをすべてたいらげ、スンジョンに自らの寂しかった食卓について明かす。スンジョンはそんなミンスを哀れに思う。一方、ジュンソンは食品製造工場に立ち寄り職員の説明に期待をふくらませる。しかしレストランに戻ったジュンソンが目にしたものは…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001