ジュンソンはキム部長を冷たく拒み、会社に戻る。ついに電話も受け取らなくなったジュンソンに、キム部長は焦り始める。グァンウンは、ジェファンではなくジュンソンの秘書のようだとのミンスの一言に動揺する。一方、スンジョンは厨房で熱心に野菜を和えている。そんな中ある少年が現れ、食事代だと5000ウォンを差し出すが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001