ジュンソンが面接でのミンスの発言を伝えると、ジェファンは怒りのあまり遺言状の作成を早めることに。これを知ったミンスは、グァンウンにジュンソンを止めるよう訴える。しかし、グァンウンはジュンソンを手ごわい相手だとしながら、従うか避けるかのどちらか一つだと忠告する。一方、サラはミンスを家に呼ぶ口実に白菜を注文し…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001