社運をかけ、新たに開発した製品をライバル社が先に発売するとの報告を受けて驚くジュンソンと、ジュンソンの経営の現状を責めるミンス。二人の会話を隣で聞いていたジェファンは、この内容にショックを受ける。一方、スンジョンはミンスと食事をしながら、これまでに店の経営の中で味わった苦労の数々を思い浮かべ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001