ヒョンムクとジュンソンはコーヒーショップにいる。黙ったままのジュンソンに、ヒョンムクは子どものことが知りたいのでは?と問いかける。しばらくの沈黙の後、ついにジュンソンが口を開く。子どもはどうしているのかと。しかし、ヒョンムクは子どもは児童施設に送ったと嘘をつき、ジュンソンを遠ざけようとするが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001