ジュンソンは、スンジョンとすれ違いながらも顔を見ようとしない。しかし、そんなジュンソンを引き止めるスンジョン。ジュンソンに向かい、ミンスがジュンソンの息子であることを知らなかったと釈明する。ジュンソンはスンジョンの言葉が信じられず、スンジョンが意図的に自分に気に入られようとしたものと思い込むが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001