ジュンソンはギョンボクがスンジョンを呼ぶ声を聞き、二人が顔見知りであることを知る。二人の様子を見ていたジュンソンは、スンジョンがその場を離れるとギョンボクを呼び止め、料理大会の会場にいる理由を尋ねる。ギョンボクはスンジョンに包丁を届けに来たことを説明するが、いつしか話題がヒョンムクのことに移り…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001