スンジョンとミンスが二人で作った料理をおいしそうに食べるグァンウン。しかし、スンジョンはそんなグァンウンを見ながら、自分を捨てた父への怒りとジュンソンに利用されながら生きてきた父への憐憫を同時に感じる。自分のためだけに作られた料理を食べることがまんざらでもないと嬉しそうに語るグァンウンだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001