一度だけ会ってくれと頼んだものの、焦りと緊張で手に汗握るグァンウンの前にヒョンムクが現れる。しばしの沈黙ののち、グァンウンはスンジョンを立派に育て上げたヒョンムクに謝意を述べる。しかし、ヒョンムクはスンジョンは自分の娘だと言い張り、グァンウンの謝意を受け入れようとしない。ヒョンムクの反応にグァンウンは…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001