スンジョンとミンスは、ユッケジャンのヤンニョムを開発しようと研究に励んでいる。スンジョンは、自分の知るユッケジャンの味は人工調味料によるものだという。形ばかりのユッケジャンしか作れていないと嘆くスンジョンをミンスも心配そうに見つめている。その時、ジュンソンとグァンウンが二人の前に現れ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001