ヒョンムクは、何の罪も無いスンジョンが屈辱的な言葉を浴びせられることに胸を痛め、憔悴しきっている。表情ももうろうとし、足取りもどこか心もとない。スンジョンは、そんな父が心配で懸命に慰めようとしている。私は大丈夫だ、こうした出生も私の運命だと。そして、とうとうヒョジュンとの結婚の意志を口にすることに…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001