ミンスはスンジョンとグァンウンの会話を聞き、スンジョンがグァンウンの娘であることを知ってしまう。ミンスの登場にその場を立ち去るグァンウン。残されたスンジョンもミンスを苦しそうに見つめている。一方、これまで自分が苦しめた人々への罪滅ぼしのためにも、副会長への就任をあきらめるようジュンソンに迫るグァンウンだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001