ヒョンムクにはギョンボクが仕事を終えて店を整理しシャッターを閉める姿があまりにも平和でむしろ切なくもあった。そのため、遠くから見守るだけでギョンボクに声をかけられずにいる。一方、ソンウンは満足に眠りにつけず、ヨンガムの家の庭でぼんやりとしていた。そんなソンウンを洗濯物を干していたピルスンが見かけ…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001