スニムの体は日に日に悪化していた。しかし、研究費が足らず、研究はなかなか進まずにいた。焦ったガンフンはキム教授の反対を押し切り、まだ研究途中の標的抗がん剤をスニムに投与しようとするが、ハヨンが目を離した隙に病室から姿を消したスニム。一方、ジヘとガンフンはある誤解をきっかけに互いの気持ちを少しずつ確認するようになり…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001