パク・ハは、テレビショッピングで働くことになったイ・ガクと臣僚3人に社会生活に必要な教養を教え込む。イ・ガクは会社の仕事を把握するため、セナに教育を頼み行動を共にしようと試みる。一方パク・ハは、セナの母親がテムの車にひかれたことを知りながら見て見ぬふりをして立ち去る姿を見たことで、自分がトラックに乗せられ連れていかれた過去を思い出し…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001