互いの気持ちを確認しあったパク・ハとイ・ガクだったが、イ・ガクがいつか朝鮮時代に戻ることを考え、パク・ハは早いうちに思いを断ち切ろうとする。そんな時、イ・ガクから受け取った封筒に飛行機のチケットが入っていたことを知り、パク・ハは何も言わずに姿を消してしまう。消えたパク・ハのことをイ・ガクたちは心配するが、マンボがミミからパク・ハの居所を聞き出し、イ・ガクをパク・ハの所に行かせるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001