イスとセラが住む家を訪れたテサンは、家の前でドジンと話をしていたイスをセラだと勘違いし、背後から抱き締める。好きな人に抱き締められ、茫然と立ち尽くすイス。イスの気持ちを知っているドジンは、そんなイスを夜の散歩に連れ出す。一方、セラは何も気付いていないテサンに「イスが好きなのはあなた」とバラしてしまい…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001