ヘチャンが殺人者だと罵るミレを止めようとするスヨン。しかしミレはスヨンは部外者だから黙っていてと言い放ち、家を出ていってしまう。本当のことを話すと言うスヨンにミレがかわいそうだから黙っていてくれと頼むヘチャン。しかし、ジングクの家でアルバムを見たミレは母親が愛していたのは実はミヌだったと気付く。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001