女にうつつを抜かすことをよしとしないイ参判は、科挙を受けさせるべく息子モンニョンを旅立たせてしまう。一方、パンジャはチュニャンとの密会を重ね、互いに情を深めていく。そしてチュニャンは、下人であるパンジャにインドンという名前をつけてあげる。しかし、下人と娘が情を交わすことが許せないウォルメは、パンジャを悪人に仕立て上げるが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001