ドンミンに再びストーカーだと誤解され捕らえられたブンドは、ヒジンの公開彼氏宣言のおかげで警察に連行される危機を兔れる。全ての責任をヒジンに負わせてしまったことへの申し訳なさと感謝の気持ちを伝えられないまま朝鮮時代へと戻っていくブンド。仁顕王后の殺害計画を阻止するため変装をし、粛宗のいる宮に潜入するが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001