イ副会長が博物館を潰すためにファン・ミンス(ウンドン)を送り込み日時計を壊そうとしているとホンシルから聞かされたテリ。翌朝、ホンシルの言葉を思い出し、不安な気持ちで博物館にやって来たテリは、日時計に近づいていくミンスの姿を目撃する。心から信じていた大切な友達の裏切りを目の当たりにしたテリは…。一方、元の姿に戻ることを諦めようとしているウンドンをミングクは必死で説得するが、ウンドンの気持ちは…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001