ドゥヒョンから脳の手術を受けた大学の音楽講師は、術後の後遺症から指の自由が利かなくなりヒステリーを起こしたあげく鍼治療を求める。それに対してスンヒョンは担当医師からの要請が必須だと言って一度は断るのだが、患者の母親からの執拗な要請に負けて治療を施すことになる。一方のドゥヒョンは、自分の医学的な所見を無視して勝手に漢方治療が進められた事実を知った結果、激怒してスンヒョンの元を訪ねてくるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001