ホテルで行われたセミナーで、スンヒョンは西洋医学と漢方医学を並行した、がん治療の事例を発表していた。各国の医師が漢方に疑念を抱く中、血液・腫瘍学の権威である医師が腰に痛みを訴えながら倒れてしまう。そこでスンヒョンは鍼治療を行うのだった。セミナー終了後、ミニのドレスを着て恥ずかしげに会場に訪れるヘイン。同僚の服を借りて当惑していたヘインに対して、ドゥヒョンが近づき、思いがけず似合うと言うのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001