ウィジンが何の話もないまま手紙を残して姿を消したため、スンヒョンは訳が分からず、もどかしい思いをしていた。ヘインは、ドゥヒョンのモノマネをしていたところを見つかり、罰として手羽先の血管縫合30個を命じられる。深夜まで縫合をしているうちに眠ってしまったところ、ドゥヒョンが現れ、慣れた手さばきで残りの作業を終えてあげるのだった。目が覚めたヘインは、縫合が完成している手羽先を見て、不審な思いに駆られる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001