手術により除去されたウィジンの膠芽腫は、わずか1カ月のうちに再発してしまう。スンヒョンは茫然自失になり、その話を聞かされたウィジンは理性を失い取り乱すのだった。一方、センター長のハユンはドゥヒョンが反対しているにも関わらず、ヘインを漢方の抗がん剤研究チームに入れる。抗がん剤の研究開発が進む中、スンヒョンは無人島に常緑草という薬材があるという記述を、ある医書から見つけヘインと共に採取に向かうのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001