スンヒョンがAC-7を服用して倒れたところに驚いたヘインが駆けつけるのだが、すぐに何事もなく起き上がる。スンヒョンにとってはウィジンのために胸を痛めた末の行動だったのだが、ヘインは自分の心配をよそに、無謀な行動をするスンヒョンが恨めしく涙を流してしまう。漢方の抗がん剤研究とは別に、ドゥヒョンによる損傷した脳組織に幹細胞を移植する研究は、ついに臨床許可が下り、実験段階に突入することになるのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001