初恋はほろ苦く、片思いは悲しいもの。エンリケの家で目を覚ましたドンミは毎日覗き見をしていたテジュンと鉢合わせし急いで逃げようとする。しかし、エンリケに引き止められその場を離れられない。気まずい夕食の席で自分の片思いに終止符を打つと同時に意図せずドンミの片思いを終わらせてしまったエンリケは申し訳なく思い…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001