ドフィを避けようとするドンミと、ジンラク目当てでドンミに近寄ろうとするドフィ。ある日、ドフィからドンミの高校時代の話を聞いたジンラクは、再び彼女の笑顔を取り戻したいと思うようになる。一方、ドンミを外の世界に連れ出すため奮闘するエンリケはドンミを自身の自叙伝の編集者にし、仕事にかこつけてドンミのマンションを訪れる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001