エンリケはドンミに一緒にスペインに行こうと切り出し、ドンミは真剣に検討することを約束する。突然の停電でオーシャンビレッジの住民たちはエンリケのマンションでお世話になることに。マンションに身を寄せたドンミは複雑な表情を浮かべるが、エンリケは喜びを隠せない。そんな中、ドンミはエンリケが自分に対する気持ちをジンラクに話しているのを聞いてしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001