ソングンが倒れた上、国税局が家宅捜索に入るなど、雲岩亭は次々とトラブルに見舞われていた。窮地に追い込まれたボンジュと、そんな息子を不憫に思う病床のソングン。ふたりの姿を目にしたソンチャンは、自分が何とかしなければと奮い立つ。一方ジンスは、訪韓していた日本食業界の大物・松本会長から、ソンチャンに会わせてほしいと頼まれる。彼の元へ向かったソンチャンは、 "セベンイ"という 淡水エビを使った料理を依頼されることに。そんな中、ボンジュは理事会で責任を追及され、ついに店の経営権を失う。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001