ミナは王子の命令に絶対服従するヤリルを見て、自分と付き合うよう命令してくれと頼む。ヤリルとの仲を取り持ってくれたら、ウヒとダブルデートをセッティングするというミナの提案に、王子は大乗り気!だがヤリルは論理的に反論し、命令の基準を決めて欲しいと抗議する。窮地に立たされた王子は…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001