スヨンはドンヨプが電話の相手に「ベイビー」と言っているのを聞き、恋人がいると思い込む。スミは「ベイビー」が自分であることを隠そうと、架空の話を次々とでっち上げ!ミナの元には"幸運の手紙"が舞い込む。ミナから手紙を受け取ったヤリルは迷信だとバカにするが、次々と不運に見舞われる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001